高浜虚子文学碑|さくらの里

sakuranosato1

大室山山麓のさくらの里に建立されています。
人生とは何か 私は唯月日の運行 花の開落鳥の去来 それらの如く人も亦 生死していくといふ ことだけ承知して ゐます
「虚子」と刻まれています。
俳誌「みちのく」が創刊40周年を記念し、1990(平成2)年6月2日に建立しました。
碑文は虚子の直筆の色紙によるものです。

高浜虚子については→こちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク