島木赤彦歌碑|松原公園

matsubarakouen1

伊豆市土肥の松原公園内に建てられており、「土肥の海 漕出でて 見れば 白雲を 天にかけたり 不二の高根は」「赤彦」と刻まれています。
1925(大正14)年1月28日より7日間土肥温泉に滞在した島木赤彦は、この歌を含む30首の歌を読み、その連作は没後歌集「柿陰集」に収められています。
碑は1961(昭和36)年12月に、土肥観光協会により建立されたものです。

島木赤彦については→こちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク