北原白秋歌碑|白浜海水浴場

shirahama1

白浜海水浴場の中央付近に建てられています。
砂丘壁に 来るる鶺鴒 晝ひさし かけ移る見れは 歩みつつあり」(砂丘壁に 来るる鶺鴒 昼ひさし かげ移る見れば 歩みつつあり)「白秋」と記されています。
鶺鴒はセキレイ(鳥)です。
1934(昭和9)年に白浜を訪れた際に詠んだもので、筆は白秋夫人・菊子によるものです。

北原白秋については→こちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク