音無神社|伊東市

概要 / コメント / その他ギャラリー


伊東市音無町に鎮座する音無神社を紹介しています。

音無神社・鳥居

概要

神社名 音無神社
読み おとなしじんじゃ
延喜式
鎮座地 〒414-0032 静岡県伊東市音無町1-13
最寄り駅 伊東駅(JR伊東線)
駐車場
ご祭神 豊玉姫命
例祭日 11月10日
摂社・末社 山神社・玉楠神社・湯尾権現
社紋・神紋
天然記念物 タブの木(市指定天然記念物)
樹木・花 ムクの木と椎の木が抱き合うように聳えています。
境内碑 御●跡記念碑、歌碑
ご朱印 あり
ご利益・パワースポット 豊玉姫命のお産が非常に軽かったことから安産や育児、縁結びの神として信仰されています。
その他ポイント 源頼朝と八重姫が逢瀬を楽しんだ場所として知られていて、境内社の玉楠神社は頼朝と八重姫を祀っています。

コメント


例祭は「尻つみ祭り」と呼ばれ、毎年11月10日の夜に行われます。
暗闇の中で行われ、お神酒を頂く時に順次隣の人のお尻をつまみ、合図をして盃を廻していきます。
これは祭神の豊玉姫命が出産の時に、夫である火遠理命(山幸彦)に
「出産時の自分の姿をみないように」と伝えたことに由来していると考えられています。

拝殿の長押には無数のひしゃくが刺してあり、これは安産祈願をした人が無事に出産を終えたお礼です。
また羽目に掛けられている竹筒は甘酒を入れ、母乳が豊富に出ることを祈願したもの。
更に祭典の夜に、社の前で授けるみかんの中で種のあるものを食べると、
不妊で悩む女性が子宝に恵まれるという言い伝えがあるそうです。

その他ギャラリー

クリックで拡大します。

音無神社2・拝殿
拝殿
音無神社3・長押のひしゃく
長押のひしゃく

皆、底に穴を開けています。
音無神社4・玉楠神社
玉楠神社
音無神社5・湯尾権現
湯尾権現
音無神社6・ムクの木と椎の木
ムクの木と椎の木

抱き合っています。
画像がありません 画像がありません 画像がありません
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク