松尾芭蕉句碑|熱海梅園

baien1

熱海梅園の中に建てられています。
元禄7(1694)年、芭蕉51歳の時の句です。
横にあった説明の看板によると「梅が香に のっと日の出る 山路かな」と刻まれているようですが、よく読めません。
建立者は熱海の発展に尽力した小松精一氏です。

松尾芭蕉については→こちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク